屋上防水断熱保護仕様

標準SA - 111D

サンエーシート防水の代表的な屋上防水断熱保護工法です。防水シートの上に断熱材を敷設して、保護コンクリートを打設する工法です。屋上防水としての信頼性だけでなく、下地の乾燥が不要なため大幅な工期短縮に繋がり、また臭いもなく近隣に迷惑をかけることもありません。現場に愛されて40年近い実績があります。

特長

下地の乾燥養生が不要

立上り端部に押え金物や端末シールが不要

立上りの高さが取れない場合に活躍できる

※立上りは、サンエートップ仕上げが標準となります。また押え金物・端末シールは不要です(SA-112D、115D 仕様同様)。

※サンエーシートAも使用できます。

(一社)日本建築学会「JASS 8」 参考仕様(ホ)

合成高分子ルーフィング工業会「KRK標準工法」 RE-F501D

仕様番号 SA - 111D
説明 1層
推奨用途
(非断熱仕様の場合)
陸屋根・ルーフバルコニー・屋上駐車場
防水層重量 約4.3kg/㎡
下地勾配 1/100以上
工程 材料(標準使用量)
シート
施工
プライマー(0.3kg/㎡)
ポリマーセメントペースト
(立3.5kg/㎡:平3.0kg/㎡)
サンエーシートEX
断熱材
施工
指定接着剤(0.2kg/㎡)
ポリスチレンフォーム断熱材 3種B
3 絶縁用シート
(SSクロス等)
仕上げ 平場 コンクリート(別途工事)
立上り サンエートップ (0.8kg/㎡)、
モルタル等(別途工事)

※詳細はカタログをご確認ください。

高耐久SA - 112D

2層張りの仕様です。高耐久性が実現できます。

※立上りは、サンエートップ仕上げが標準となります。

合成高分子ルーフィング工業会「KRK標準工法」 RE-F501DW

仕様番号 SA - 112D
説明 2層
推奨用途 陸屋根・ルーフバルコニー・屋上駐車場
防水層重量
(非断熱仕様の場合)
約8.3kg/㎡
下地勾配 1/100以上
工程 材料(標準使用量)
シート
施工
プライマー(0.3kg/㎡)
ポリマーセメントペースト
(立3.5kg/㎡:平3.0kg/㎡)
サンエーシートEX
4 プライマー
5 ポリマーセメントペースト
(立3.5kg/㎡:平3.0kg/㎡)
6 サンエーシートEX
断熱材
施工
指定接着剤(0.2kg/㎡)
ポリスチレンフォーム断熱材 3種B
3 絶縁用シート(SSクロス等)
仕上げ 平場 コンクリート(別途工事)
立上り サンエートップ (0.8kg/㎡)、
モルタル等(別途工事)

※詳細はカタログをご確認ください。

塗膜補強SA - 115D

接合部補強のためにサンエーテックスEー10を塗布する仕様です。
より安全な防水層が得られます。

※立上りは、サンエートップ仕上げが標準となります。

仕様番号 SA - 115D
説明 塗膜補強
推奨用途 陸屋根・ルーフバルコニー・屋上駐車場
防水層重量
(非断熱仕様の場合)
約4.6kg/㎡
下地勾配 1/100以上
工程 材料(標準使用量)
シート
施工
プライマー(0.3kg/㎡)
ポリマーセメントペースト
(立3.5kg/㎡:平3.0kg/㎡)
サンエーシートEX
4 サンエーテックスE-10
(100mm幅:0.25kg/m)
断熱材
施工
指定接着剤(0.2kg/㎡)
ポリスチレンフォーム断熱材 3種B
3 絶縁用シート(SSクロス等)
仕上げ 平場 コンクリート(別途工事)
立上り サンエートップ (0.8kg/㎡)、
モルタル等(別途工事)

※詳細はカタログをご確認ください。